CABANA OFFICIAL BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAZOO Racing 86/BRZ Race 第4戦レースレポート

無題

GAZOO Racing 86/BRZ Race 第4戦 富士スピードウェイ レースレポート

開催場所:富士スピードウェイ
開催日:6月7日(土)、6月8日(日)

#1 山野直也選手、見事な走りで6位入賞!
#7 RACER KASHIMA選手、アクシデントをものともせず3位入賞!


2014年6月7日(土)、6月8日(日)、静岡県の富士スピードウェイにてGAZOO Racing 86/BRZ Raceの第4戦が行われた。
今回のエントリー台数は84台で、7日(土)の予選は2組に分かれて行われた。
快晴のなか行われた第3戦とはうってかわり、大雨となった今回の予選で#1 山野直也選手は2組、#7 RACER KASHIMA選手は1組でそれぞれ予選を行い、山野選手は6位(Time 2'18.942)、RACER KASHIMA選手は25位(Time 2'22.467)で予選を終えた。
同日に行われた決勝Bレースで4番グリッドからスタートしたRACER KASHIMA選手がレース序盤から激しい上位争いを繰り広げ、スリップした前方の車と接触するアクシデントをものともせず、見事に3位入賞を果たした。

8日(日)に行われた決勝Aレースは小雨の影響でハーフウェットのなか行われた。
11番グリッドからスタートした山野直也選手は難しい路面コンディションのなか、周を追うごとに徐々に順位を上げ、6位まで浮上する巧みな走りでチェッカー。
決勝Aレースは#962 織戸学選手が後続を引き離す走りでトップを独走し、今大会初優勝を飾った。

●CABANA Racing with P.MU #1 山野直也選手 決勝レース後コメント
「決勝は、1コーナーから100R入り口付近までウェット、それ以外はドライというかなり難しいコンディションでスタートしました。ドライセッティングと今回がデビュー戦となる新しいタイヤが的中し、スタート直後の混乱を避けながらも、徐々に順位を上げていくことができました。残り3周あたりからも、前を行く6番手と激しいバトルを繰り広げながら、ファイナルラップの13コーナーでオーバーテイクに成功し、6番手でゴールすることができました。次戦の十勝は、昨年チャンピオンを決めた縁起の良いサーキットなので、優勝を狙いたい。引き続き応援をお願いします。」

●決勝Aレース 上位リザルト
1 #962 織戸 学選手/TR86 クローズ EXPLODE
2 #82 谷口 信輝選手/KTMS86
3 #87 久保 凜太郎選手/CG ROBOT86BSwNC

●決勝Bレース 上位リザルト
1 #77 松代 耕二選手/NUTECサミット .K.86
2 #75 手塚 祐弥選手/栃木スバルDLモチュールBRZ
3 #7 RACER KASHIMA選手/P.MU TOYOTA86

 | ホーム | 

Recent Entries

Appendix

TOP SELECTION

TOP SELECTION

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。