CABANA OFFICIAL BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAZOO Racing 86/BRZ Race 2014 第3戦レースレポート

無題

GAZOO Racing 86/BRZ Race 第3戦 富士スピードウェイ レースレポート

開催場所:富士スピードウェイ
開催日:5月17日(土)、5月18日(日)

#1 山野直也選手 11位 「次に向けた試練のレースだと思います」

2014年5月17日(土)、5月18日(日)、静岡県の富士スピードウェイにてGAZOO Racing 86/BRZ Raceの第3戦が行われた。
17日(土)の予選でCABANA Racing with P.MUの#1 山野直也選手は予選1組でアタック。
最終的に10位で予選を終え、決勝レースでは19番グリッドからのスタートとなった。同組1位は#82 谷口信輝選手が他選手を圧倒し、第2戦に引き続きポールポジションを獲得した。
山野選手は予選1組で10位だったものの、テスト走行時の自己タイムを上回るタイムで予選を終えており、18日(日)に行われる決勝Aレースに期待が持てる結果となった。

18日(日)の決勝では#82 谷口選手がレース序盤から#30 青木選手との熱い1位争いが展開されたが谷口選手が第2戦の勢いそのまま、一度もトップの座を譲ることなくチェッカー。見事2連続優勝を飾った。
「出来る限りのことをして1つでも順位を上げたい」とレース前に話す山野選手は周を追う毎に徐々に順位を上げ11位でチェッカー。悔しい結果となったが、「今やれることは最大限に出来ている」という山野選手の走りに今後も期待したい。
同じくCABANA Racing with P.MUでエントリーした、P.MUレーシングチームの#7 RACER KASHIMA選手は決勝Bレースにて7位となった。

●CABANA Racing with P.MU #1 山野直也選手 決勝レース後コメント

「スタート直後は混乱がありましたが上手くすり抜けることができ、4~5周目から自分のペースで走ることが出来ました。レース後半は前の車に追いつきはするものの、中々抜ききることが出来ませんでしたが、今の状況ではかなり良いベストリザルトではないかと思います。また良い勝負が出来る時期がくると思うのでそれに向けて頑張ります。」

●決勝Aレース 上位リザルト
1 #82 谷口 信輝選手/KTMS 86
2 #30 青木 孝行選手/ケーエムエスADVAN86RC
3 #2 たしろ じゅん選手/いとうLCクリニック 86

●決勝Bレース 上位リザルト
1 #13 土屋 潤選手/NUTECサミットC.K.86
2 #37 川崎 俊英選手/IDI・アデナゥ・BRZ
3 #75 手塚 祐弥選手/栃木スバルDLモチュールBRZ


 | ホーム | 

Recent Entries

Appendix

TOP SELECTION

TOP SELECTION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。