CABANA OFFICIAL BLOG

GAZOO Racing 86/BRZ Race 2014 第8戦レースレポート

無題2

GAZOO Racing 86/BRZ Race 第8戦 富士スピードウェイ レースレポート

開催場所:富士スピードウェイ
開催日:9月20日(土)、21(日)

#1 山野直也選手、執念の走りで3位入賞!!
#7 山﨑武司選手、レースを重ねる毎にタイムアップ!今後の走りに期待大!

9月20日(土)、21日(日)にGAZAOO Racing 86/BRZ Race 第8戦が富士スピードウェイにて行われた。
20日(土)の予選の天気は曇りで、肌寒い気候の中で行われた。第8戦は今大会最多の91台ものエントリーがあり、2組に分かれて行われ、CABANA RACING with P.MUの#1 山野選手は1組で3位(Time 2’05.558)、第6戦のデビュー戦で会場を大いに沸かせた#7 山﨑選手は2組で34位(Time 2’10.609)で予選を終えた。

21日(日)の決勝では、先に行われたBレースに#7 山﨑選手が出場。誰もが注目するレースは、混戦のなか序盤に順位を落とす場面もあったが、怒涛の追い上げを見せ、スタートグリッドと同じ24位でチェッカー。順位こそ上がらなかったものの、予選、決勝ともにデビュー戦のタイムを上回っており、今後の活躍に期待が持てる結果となった。
つづいて行われたAレースでは、3番グリッドスタートの#82 谷口選手がスタート直後にトップに浮上し、そのまま後続との差を広げ、ほぼ独走状態に入る。5番グリッドからスタートした#1 山野選手は、レース序盤から息を飲む激しい上位争いを繰り広げ、4番手まで順位を上げるが、なかなか前を走る#30 青木選手を捕らえることが出来ず、苦しい展開が続くなか、5周目に入ったセーフティーカーが明暗を分けた。
7周目に再スタートが切られると遂に青木選手を捕らえ、オーバーテイクに成功。そのまま後続の追い上げを振り切り見事3位入賞を果たした。第8戦を制したのは#82 谷口選手で、残り2戦を残し今シーズンのチャンピオンに輝いた。

無題

«  | ホーム |  »

Recent Entries

Appendix

TOP SELECTION

TOP SELECTION

FC2Ad